もうすぐマイホームを建てたい方へ、今注目の狭小住宅についてお伝えします。

狭小住宅の間取りを決めよう

まずはどんな部屋を作るか決めよう

狭小住宅の持つ重要な問題として、一つ一つの階が狭く、生活に必要な設備を階を分散して設置する必要があるということがあります。
そこで、狭小住宅で快適に暮らすには、どの設備をどこに設置するか、間取りを慎重に考える必要があります。
その点が、狭小住宅を建てるうえで一番重要な作業といってもいいでしょう。

まずは、家族構成を踏まえて、どんな部屋が必要になるかを考えましょう。子供がいるのであれば、子供部屋が必要になりますが、子供は大きくなるにつれて一人一人別の部屋を持つ必要が出てきますから、何部屋子供用の部屋を作る必要があるのか決めておく必要があります。
そして、お父さん用の書斎を作るのかや、その他特別な部屋を作るかなど、どのような部屋及び設備が必要かをまずきちんと考えることが大切です。

間取り決めをしていこう

マイホームにどのような部屋を作るか決めたら、いよいよ間取りを考えることになります。

まずは、機能面から何を何回に設置するかを決めましょう。車などを持っていてガレージが必要な場合は、一階の大部分をガレージに割く必要があります。
一階の残りの部分は騒音や日当たりの悪さといった問題があるので、寝室や子供部屋ではなく、水場や収納スペースにするなどの工夫が必要です。

そして、子供部屋についてですが、子供部屋はなるべく日当たりが良く、開放感のある場所に設置するのが望ましいでしょう。
最上階に設置し、窓を広めにとるなどの工夫をすると良いかもしれません。

外せない部屋の場所を決めたら、あとはスペースとの兼ね合いで他の部屋の場所を決めていくことになるでしょう。
お客さんを招くことが多い家庭であれば、階数の多い狭小住宅で客間や客間を兼ねたリビングが上の階にあると不便ですので、そのようなことも考える必要があります。


この記事をシェアする